タイガー・ウッズから学ぶスポーツメンタル ③練習、練習、練習

21世紀最強のゴルファーは誰か

こう問われれば、『タイガー・ウッズだ』と答えることに異論がある人はほとんどいないでしょう。

PGAツアー勝利数82(1位タイ)

4大メジャー勝利数15(2位)

4大メジャー全制覇(グランドスラム)の最年少記録

…と、上げればキリがないほどの記録です

※数字はすべて2022年6月時点

そんなタイガー・ウッズ選手の半生を書いたコチラの本から、スポーツメンタルに役立つ考え方を抜粋してシリーズで紹介していきます。

コラムの参考文献

Tiger Woods(タイガー・ウッズ)

ジェフ・ベネディクト/アーメン・ケテイヤン 著 (浦谷計子 訳)

前回までのブログはコチラ

「練習、練習、練習」

1歳になる前からゴルフクラブを握っていたと言われているタイガー・ウッズ選手。

華やかな成績と、幼少期のエピソードから、「才能の塊だった」という印象を持っている方も多いかもしれません。

タイガーの父親、アール・ウッズさんはこう言います。

小さいときから、よく人に聞かれたものですよ。『タイガー、どうしてそんなに上手くなったの?』ってね。

するとタイガーは、『練習、練習、練習』と答えたものです。

『Tiger Woods』より引用

タイガー・ウッズ選手の強さの源は、やはり『練習』だったのです。

あまりに練習が好きだったため、中学時代の友人に「もっとコースに出ないの?」と聞かれて「練習のほうが好きなんだ」と答えたほどです。

1万時間の法則

イギリスの元新聞記者、マルコム・グラッドウェルさんが広めて話題になったのが「1万時間の法則」

その道のエキスパートになるには、万時間が必要だという考えです。

1日3時間を費やしたとして、1年で約1,000時間。

10年で10,000時間に到達します。

もちろん個人差もありますし、競技によっても変わってきますが、エキスパートになるにはそれ相応の練習時間が必要だということなのです。

わたしたちは、タイガー・ウッズ選手に限らず、輝かしい成績を残してきたアスリートは、みな才能に溢れていると思いがちです。

しかし、どの選手にも共通していることは、類まれなる努力なのです。

練習の量か質か

「練習の時間よりも練習の質だよね」

そう思う方もいるかもしれません。

それも一つの考えです。

ですが、ここはあえて「どっちも大事」と言っておきます。

何事も、中庸(ちゅうよう)な考え方が大事です。

質か量か、に拘るくらいなら、どっちも高めていきましょう!

質を上げていくための意図的な練習

例えば、毎日少し汗をかく程度のウォーキングを1万時間繰り返しても、フルマラソンに挑むことは簡単ではないでしょう。

そして、質の高い効果的な練習を短時間だけやったとしても、やはりフルマラソンは簡単ではありません。

つまり、質を上げた練習を積み重ねていくこと。

これに尽きます。

質の高い練習とは何か。

それは「意図的な」練習です。

意図的な練習のポイントは以下

  1. やることを絞って、少し高めの目標を設定する
  2. 集中して努力し、その高めの目標の達成を目指す
  3. うまくできるまで何度も繰り返し練習する

『GRIT やり抜く力』 アンジェラ・ダックワース著

例えばゴルフなら、まんべんなくクラブを打つのもいいですが、「今日はコレ!」と絞るのもいい練習です。

努力すれば届くレベルの高めの目標を決めたら、繰り返し打てるようになるまで何度も練習する。

当たり前に思えることでも、その当たり前のことを続けていくことが、結果への近道。

ゴルフは練習と本番の環境がかなり違うスポーツの一つ。

だからこそ、練習の質を上げていく。

そして、質を上げた練習の量を重ねていく。

超一流アスリートと同じ『結果』を今すぐ手に入れることは簡単ではありません。

しかし、超一流アスリートの『メンタル』や『マインド』を取り入れていくことは今すぐにだってできます。

超一流アスリートのメンタルを先に手に入れることができたら、どんな素晴らしい未来が待っていますか?

プロフィール
木曽 大地

プロ・スポーツメンタルコーチ
(日本スポーツメンタルコーチ協会認定)
Golf Psychology Coaching Certificate
埼玉県在住

【ビジョン】
Smile with Athlete ~アスリートと共に笑顔を~

アスリートもその周りの方も笑顔にしたい
笑顔を届けるスポーツメンタルコーチです

木曽 大地をフォローする
スポーツメンタル
\この記事をシェアする/
スポーツメンタルコーチ 木曽大地
タイトルとURLをコピーしました