スポーツが人生なのではなく、人生の中にスポーツがある

今あなたはどんなスポーツに携わっていますか?

球技、陸上、水泳、武道…など、プロ・アマ関係なく、様々な分野でご活躍されているかと思います。

そのスポーツを本気で取り組み続けるあまり、こんなことを考えたことはありませんか?

「〇〇(スポーツの名)は私の人生」

「人生そのもの」と言えるほどそのスポーツに打ち込めるのは、とても素晴らしいことだと思います。

一方で、敢えて聞きますが、本当に「人生そのもの」と言えるのでしょうか。

人生の中にスポーツがある

こんな本を読みました。

0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方  本橋麻里・著

平昌オリンピック、カーリング女子で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの当時のメンバーの1人です。

本橋さんはロコ・ソラーレを作り上げた方で、トリノとバンクーバーの五輪を合わせて3度出場しています。

平昌ではフィフス(5人目のリザーブ)で他の4人を支える役割を担っておりました。

そんな本橋さんが著書で残した言葉がコチラ。

カーリングは人生を豊かにするツールではあるけれど、決して私の人生のすべてではない。

カーリングが人生なのではなく、人生の中にカーリングがある。

『0から1をつくる』 本橋麻里・著 より

自分の人生を大事にする

3度のオリンピック(逃したソチを含めて4大会分)の期間で、本橋さんは結婚と出産を経験します。

本橋さんは恩師からこのような言葉をかけられていました。

「女性としての人生を大切にしながら、カーリングに真剣に取り組みなさい」

スポーツを生涯する方もいらっしゃいますが、そうではないという方が圧倒的多数です。

また、普段もスポーツ以外のことをしながら競技に打ち込んでいる方もいるはずです。

本橋さんのように、出産されてもなおチームに関わりつつ、その後は現在のようにGM職を全うされているという素晴らしい生き方もあります。

大事なことは、あなたの競技が人生そのものであるというよりも、あなたの人生そのものがまず第一で、その中に「スポーツ」という存在がある、ということ。

「競技が人生そのもの」と捉えてしまうと、いざそれを終えた時に燃え尽き症候群になってしまう恐れもあります

なぜロコ・ソラーレを作ったか

本橋さんがなぜロコ・ソラーレを作ったか。

それは、「地元に愛され、地元を元気にしたい」という強い気持ちからです。

勝つことだけを目的にせず、地元への感謝と恩返しの気持ちからくるものだと思います。

これは、内発的動機と呼ばれるもので、モチベーションが長続きするポイントでもあります。

そんな思いを持っている本橋さんだからこそ、素晴らしいチームを作り上げ、結果としてオリンピックで銅メダルという快挙にもつながったのではないでしょうか。

人生は長いからこそ

あなたの人生はきっとこれからもまだまだ長いです。

だからこそ、趣味や遊びも大事にできる気持ちがあるとより良い人生になるのではないでしょうか。

競技に打ち込み続けるのも素晴らしいことです。

しかし、心の余裕を持つことも大事。

自分の人生に目を向けて、どんな人生を送りたいのかを今一度考えてみましょう。

プロフィール
Daichi KISO(ダイキチ)

日本スポーツメンタルコーチ協会認定 スポーツメンタルコーチ
ゴルフを中心にコーチングの活動をしていきます
2児の父親|埼玉県在住
Golf Psychology Coaching Certificate

【ビジョン】
ゴルフを愛する人たちの夢を叶える
【クレド(信条)】
①人のためになることをする
②笑顔と優しい言葉で接する
③常に変化を楽しむ

Daichi KISO(ダイキチ)をフォローする
読書
\この記事をシェアする/
Love Sports
タイトルとURLをコピーしました