メンタルゴルフ Vol.4 バナナを想像しないでください

「今から、バナナを想像しないでください」

いきなりゴルフと関係なさそうな質問ですね。

今あなたの頭の中には何が思い浮かんでいますか?

黄色くて甘いバナナが頭の中をよぎっている方もいるかと思います。

頭の中の意識を学んで、ラウンド中の意識を変えていきましょう!

脳は否定の言葉を認識しない

なぜこんな質問をしたのか。

人間の脳は否定形を認識しないのです。

「〇〇しない」と意識しても、無意識に〇〇が頭の中に残ってしまうのです。

中には、とっさにバナナではなくイチゴを思い浮かべた方もいるかもしれません。

素晴らしい切り替えですが、それも「バナナではないもの→他のフルーツのなにか」と、バナナ基準で考えた結果によるものですね。

では、ここからはゴルフの話に置き換えてみましょう。

「あのバンカーには入れない!」

こう思った直後、バンカーに見事ホールインワンしたことがある方はたくさんいるのではないでしょうか。

はい、私もその一人です(笑)

「バンカーを避ける」ということが頭の中にあったため、無意識レベルでバンカーに入れる自分を想像し、それを否定しようとしていたのです。

では、どうするのが良いのでしょうか。

「打ちたくないところ」や「打ってはいけないところ」を意識するのではなく、「打ちたいところ」、つまりターゲットを意識することです。

最悪を想定してそこからマネジメント(ここではバンカーを想定してそれを避けたクラブ選択をするという意)することは素晴らしいことです。

※最悪を想定して準備する思考法もあるので、どちらが良いというわけではありません

その場合、意識の根元にはバンカーがあることを忘れてはいけません。

自分が打ちたいところを明確に意識して、そこに向かって打つことだけに集中するのです。

「〜ない」よりも「〜したい」

バンカーを例にとりましたが、その他のハザードにももちろん同じ考えが使えます。

「左のOBに打ちたくないから右に打つ」

ではなく

「右に打ちたいから右に打つ」

これでいいのです。

結局同じことでは?と思う方もいるかもしれませんが、その意識のきっかけになっている動機が何なのか、ということ。

前者は「〇〇したくないから」、後者は「〇〇したいから」

どちらが良いか、言うまでもありませんよね (^^)

木曽 大地

プロ・スポーツメンタルコーチ
 (日本スポーツメンタルコーチ協会認定)
Golf Psychology Coaching Certificate
 (CPG 認定プログラム)

埼玉県在住

--------------------------------------------------

【ビジョン】
Smile with Athlete ~アスリートと共に笑顔を~

アスリート、ゴルファーを笑顔にしたい!
笑顔を届けるスポーツメンタルコーチです

木曽 大地をフォローする
ゴルフメンタル
ゴルフメンタルコーチ 木曽大地
タイトルとURLをコピーしました