メンタルゴルフ Vol.10 ゴルフをプレーできる幸せを感じよう

ゴルフをプレーするとき、何を考えていますか?

スコアのこと、過去のショットのこと、ラウンド後になにをするかなど、プレーとプレーの間の時間が多いスポーツだからこそ、さまざまな事を考えているかと思います。

今回は、プレーできる喜びや幸せを感じながらプレーしよう!という話をします。

雨でも風でも、楽しむ

先日、極寒+強風の中でラウンドしてきました。

寒い時期のゴルフは経験がありますし、少し風が強いラウンドも何度も経験してきました。

しかし、1月並みの寒さで、かつ風速6~7m/s程度のゴルフというのは人生初。

立っているだけでは体が動かなくなってしまうほどの寒さでした。

そんな中でも、私は「プレーできることの幸せ」を感じながら、寒さの中で18ホールをプレーしていました。

もちろん、寒さを一切感じていないわけではないのですが、「寒い」という感情よりも、「幸せ」という感情が勝っていたのです。

プレーできることは幸せなこと

一切の制限がなく、ゴルフをプレーし続けることができるという方はごく稀でしょう。

家庭の都合、仕事の都合、出場できる大会の都合、地域ごとの季節、金銭的な都合など、それぞれの理由で「プレーしたくてもなかなかできない」という方も多いです。

そんな限られた状況の中でゴルフすることは、あなたにとってどれくらい幸せな事だと感じますか?

質問を少し変えると、当たり前のようにゴルフができる環境だったら、あなたはどう感じるでしょうか。

周りがあってこそのゴルフ

ゴルフは、様々な人がいることでプレーできます。

コースの管理はもちろん、プロの大会であればスポンサーや応援してくれるファンがいます。

アマチュアの方であればご家族の方の理解や支えもありますね。

道具を日夜開発しているメーカーの方もいます。

そんな人たちがいるからこそ、いま私たちはゴルフをプレーする幸せを感じることができるのです。

感謝の気持ちが幸せを生む

感謝の気持ちを持つことで、脳内でオキシトシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

これは「つながりの幸福感」を感じる脳内物質で、その名の通り人とのつながりを感じることで幸せに感じられます

つまり、プレーできることを当たり前と思わずに周りに感謝の気持ちを持つことが、自分自身の幸せにもつながるということなのです。

ゴルフをしていると、思ったようにならない時もあるかもしれません。

天候が悪くて気分が乗らない時もあるかもしれません。

結果が出ず、悩むときもあるかもしれません。

そんな時こそ周りを見て、プレー出来ることへの感謝と幸せを感じてみませんか?

ラジオ始めました

突然ですが、先月11月からラジオ配信を始めました。

スポーツメンタルコーチが教える『メンタルゴルフ』

ゴルフのメンタルに特化したチャンネルです。ぜひ一度ご視聴してみてください!

スポーツメンタルコーチの『メンタルゴルフ』 • A podcast on Anchor
スポーツメンタルコーチが配信する『メンタルゴルフ』 ゴルフだけでなく、様々なスポーツのメンタルアップに役立つ情報を配信するチャンネルです。 日本スポーツメンタルコーチ協会認定 スポーツメンタルコーチ 木曽大地

いかがでしたか?

あなたのゴルフメンタルは、今すぐにでも変えられます。

小さな一歩から踏み出してみましょう。

次回のメンタルゴルフもお楽しみに!

ゴルファー専用のメンタルコーチングプログラムもあります!

申し込み希望者はこちらから

プロフィール
Daichi KISO(ダイキチ)

日本スポーツメンタルコーチ協会認定 スポーツメンタルコーチ
ゴルフを中心にコーチングの活動をしていきます
2児の父親|埼玉県在住
Golf Psychology Coaching Certificate

【ビジョン】
ゴルフを愛する人たちの夢を叶える
【クレド(信条)】
①人のためになることをする
②笑顔と優しい言葉で接する
③常に変化を楽しむ

Daichi KISO(ダイキチ)をフォローする
ゴルフ
\この記事をシェアする/
Love Sports
タイトルとURLをコピーしました