メンタルゴルフ Vol.1 白黒つけるって、大事??

今回は「白黒つけるって、大事??」という話。

ゴルフコース内には様々な場所・環境があります。

芝が薄くて最も打ちやすいフェアウェイ、少し芝が長いラフ、バンカーや池など、地面の傾斜や天候も考慮すれば無限にライのパターンがあるといっても過言ではありません。

ありがちな例が、「フェアウェイ=〇、ラフ=×」と極端に考えてしまうこと。

「フェアウェイキープ率」という指標があるため、フェアウェイに残すことを重視している方も多いと思います。

実際、フェアウェイは最も芝が短く打ちやすい(グリーンを除く)ため、フェアウェイにボールがあるというのは良いことです。

では、それ以外の結果は果たして「×」なのでしょうか。


ラフからでもレイアップしてパーでホールアウトする選手もいます。

バンカーに入っても、場合によってはグリーンを狙えることだってあります。

池に入ったからといって、その日のゴルフが終わるわけではありません。


最も良い結果を「〇」、それ以外を「×」と考えてしまう人は要注意

このような思考を、心理学の言葉では「二分法的思考」または「白黒思考」といいます。

要は、なんでもかんでも物事に白黒つけてしまうタイプの方です。

ちなみにこの思考が強い方は怒りやすい、という特徴があります。

例えば、あなたがミスだと考えるショットを打った場合、結果に満足できずイライラしてしまったことありますよね。

でも、視点を少し変えてみてはどうでしょう。

たしかに最高の結果ではないかもしれませんが、次のショットが絶対に打てないという状況でしょうか。

次が打てる状況であれば、なにも悲観する必要はありません。 ※どうしても打てなくても「アンプレイアブル」という救済措置があるので大丈夫!

落ち着いて、そこから次のショットのことを考えましょう。


もう一つ大事なことは、起きたすべてのことに対してただポジティブに考えるというわけではないということ。

もちろん、楽しくプレーをするためにはポジティブに考えるということはとても大事。

でも、もしその状況からなにかを学んでレベルアップしたいと考えるなら、その状況を”受け入れる”ということを意識してみてください。

いい結果でも悪い結果でも、まずは受け入れてみましょう。

受け入れるとはどういうことか。それはまた今後の配信にて。


さあ、1つ深呼吸をして、次の1打へ!

ゴルファー専用のメンタルコーチングプログラムもあります!

申し込み希望者はこちらから

タイトルとURLをコピーしました