ゴルフキャディ 世界で闘うために 進藤大典・著 を読んで

今回紹介する本は、進藤大典さん著書の「ゴルフキャディ 世界で闘うために」です。

松山英樹プロのキャディだったことはご存じの方も多いと思います。

他にも、宮里優作プロ、片山晋呉プロ、岩田寛プロ、上田桃子プロなど様々なトッププロのバッグを担いできた進藤さん。

本作は、主に松山選手とアメリカPGAツアーで戦ったときのエピソードが書かれています。

私がこの本を読む目的

  • ゴルフキャディのメンタルを知る
  • ゴルフのトップクラスの世界はどんなものなのかを知る

私は読書の際、必ず最初に「読む目的」を意識してから読むようにしています。

どのような気づきがあったか

アメリカPGAで闘うには専門キャディが不可欠

日本人選手にとってみれば、アメリカPGAツアーは「アウェー」の地。

そんな環境で選手がリラックスしてプレーするにはキャディの情報量が大事と言います。

コースの隅から隅まで事前にチェックし、試合前には4周もコースを回るのだとか。

でも、その得た情報を全て使うかと言えばそうではなく、100のうち1つか2つ程度。

「選手がリラックスするために、”知らない”を減らすこと」

この姿勢がアウェーで闘うキャディの大事な心得。

根拠に基づき、納得が得られるアドバイスを

言うまでもなく、松山選手のショットの精度は世界トップクラス。

そんな選手に対して、感覚に頼った情報というは心もとないと考えていた進藤さん。

例えば「風」

アメリカPGAツアーのキャディの多くが持っているのがコンパス。

風向きを調べるときに、芝をちぎって飛ばすだけではなく、コンパスを使って風の向きを正確に伝えるがキャディの務めなのです。

選手とキャディは「バディ」

日本では選手とキャディは主従関係のようなイメージ。

しかし、アメリカでは選手とキャディの関係はイーブンで、「バディ」という存在に近いのだとか。

だからこそ、キャディも選手と同じレベルでプロフェッショナルな姿勢が求められるのです。

私なりの感想

専属キャディについてまだ知見が浅い私にとって勉強になったことがたくさんありました。

選手に対してのプロフェッショナルなホスピタリティが特に印象に残ります。

キャディとメンタルコーチ。

立場は少し違いますが、私が学ぶべきことも多く書かれている、そんな一冊でした。

最後に、この本を読んで得たことをまとめます。

選手のサポートをするために、「無駄」なことは1つもない

「読んで終わり」にならないよう、得た知識を一つだけでも残していくように心がけています。

次回の読書コーナーをお楽しみに!

プロフィール
Daichi KISO(ダイキチ)

日本スポーツメンタルコーチ協会認定 スポーツメンタルコーチ
ゴルフを中心にコーチングの活動をしていきます
2児の父親|埼玉県在住
Golf Psychology Coaching Certificate

【ビジョン】
ゴルフを愛する人たちの夢を叶える
【クレド(信条)】
①人のためになることをする
②笑顔と優しい言葉で接する
③常に変化を楽しむ

Daichi KISO(ダイキチ)をフォローする
読書
\この記事をシェアする/
Love Sports
タイトルとURLをコピーしました