『孫子の兵法』から学ぶ、より良い結果に導くための準備の心構え

『孫子の兵法』という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

今から2,500年ほど前の中国・春秋戦国時代に生きた『孫武』という将軍がまとめたと言われている、『孫子』という兵法書のことです。

(孫子さんの兵法、ではないのですね)

作戦編、地形編、軍形編など、全13編から構成されております。

今回は、その中の「九変編」から、より良い結果に導くための準備の心構えを紹介します。

試合(戦い)は事前の準備から始まります。

試合に向けた準備をするために、どんな心のあり方でいるべきなのか。

このコラムで学んでいきましょう。

智者は両面を考える

智者ノ慮ハ必ズ利害二雑ウ(チシャノリョハカナラズリガイニマジウ)

孫子の兵法 九変篇

優れた人は利益と損失の両面を考える、という意味です。

調子が良い時は、つい良い結果ばかりイメージしてしまいがち。

そんなときこそ、損失をセットで考えておくのです。

損失を考えるとは、そのプレーにおける最悪のシナリオも考慮しておくということ。

例えば、ゴルフにおいてパー5において池を越えたら2オンを狙える状況にあるとします。

うまくいけば2打目でグリーンに乗り、3打目のパットが入り、パー5のところを3打でホールアウト、つまりー2のイーグルというのが良い結果。

一方で、もし池に入ってしまったらペナルティが加算され、+1のボギーとなる可能性も秘めています。

戦略を準備するときは、良い結果と最悪の結果を両方考えておきましょう

楽観的であり、悲観的に

「悪い結果を考えることは悪いイメージを持ってしまうのでは?」と思う方もいるでしょう。

マイナスのことを考えることで、体がそう反応してしまうことはよくあること。

そのため、悲観的でありすぎることは良いことではないです。

一方で、楽観的でありすぎることもまた良いことではないのです。

京セラの創業者、稲盛和夫さんは著書でこう語ります。

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

『生き方』 稲盛和夫・著

つまり、計画段階では悲観的でもいいのですが、実際にプレーするときは楽観的でいるということ。

さっきのゴルフの例であれば、打つ前に考える時には池に入れたシナリオも想定はしておく。

しかし、いざスイングのルーティンに入る瞬間は、楽観的に「きっと大丈夫」と考える。

稲盛さんの考えは経営者に向けた言葉ですが、アスリートにもあてはまるのです。

人事を尽くして天命を待つ

孫子の兵法から2,000年以上経った4世紀ごろの中国において、こんな言葉が生まれました。

”人事を尽くして天命を待つ”

やれるだけのことをやって、あとの結果は運命にまかせる、という意味です。

これは決して、ただ諦めて結果を受け入れるということではなく、やれるだけのことをやろう!ということなのです。

いまの自分ができる最高の準備をする。

そうすれば、結果を受け入れる心の準備も整います。

良い結果を出すためには、それにふさわしい心のあり方を手に入れるところから始めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました