Memento mori 〜今を大事に〜

精神科医で、がん患者およびその家族の方を診療されている清水研さんの本を紹介します。

自分自身がどう在りたいか、そんなことを考えさせてくれる1冊です。

他人ではなく自分。MustではなくWant。そんなキーワードが出てきます。

幻想が自分を苦しめる

冒頭、“『自分はいつまでも成長し続けられる』というのは幻想である”と書かれていました。

成長し続けることを意識することは大事であると思っていましたが、それは幻想であるということも理解すべきであると書いてあります。

この本のメインテーマとなっているのが「ミドルエイジクライシス」

人生の中盤に差し掛かると一部の方が陥るもので、「こうあるべきだ」「こうありたい」という幻想と現実のギャップから、40代以降の方が精神的に不安定になってしまうことです。

そうならないために、自分の心がどう在りたいかを学べる1冊です。

自分は自分のまま生きる

自分が普段していることの中に「must」と「want」があります。

〜しなければならない:Must

〜したい:Want

過去の出来事や、自分の信念から、「〇〇しなければならない」と考えてしまうと、それに縛られてしまいます。

それでも、Mustの自分もWantの自分も、どちらも自分自身。

なんでも「〇〇しなければならない」と考えてしまう自分を嘆くのではなく、そんな自分も受け入れる。

そして、1つでも多くのwantを見つけて、その気持ちに正直になりたいですね。

「今」を大事にする

人は誰でも「死」に直面します。遅かれ早かれ。

だからこそ、今を大事にする。

その瞬間の出来事、今日会う人、今日食べている物、次はもしかしたら無いかもしれない。

だからこそ、今を大事にする。

古代ローマの言葉に、こんな言葉があります。

Memento mori  死を忘れることなかれ

言葉の先にある真意は、「今を楽しめ」です。

終わりに、Memento Moriと聞いて、ピンときた方いませんか?

Mr. Childrenの名曲の1つ、「花 -Memento-Mori-」のサブタイトルです。

この本を読むことで、その言葉の意味を知ることができました。

Mr.Children 「花 -Mémento-Mori-」 MUSIC VIDEO

歌詞の中から最後に一言

負けないように、枯れないように、笑って咲く花になろう

心の中に永遠なる花を咲かそう

プロフィール
木曽 大地

プロ・スポーツメンタルコーチ
(日本スポーツメンタルコーチ協会認定)
Golf Psychology Coaching Certificate
埼玉県在住

【ビジョン】
Smile with Athlete ~アスリートと共に笑顔を~

アスリートもその周りの方も笑顔にしたい
笑顔を届けるスポーツメンタルコーチです

木曽 大地をフォローする
読書
\この記事をシェアする/
スポーツメンタルコーチ 木曽大地
タイトルとURLをコピーしました