【オリンピック】「勝たなければならない」を捨てる

東京2020オリンピックが閉幕し、日本は過去最多のメダル数で終わりました。

中には結果が振るわなかった競技もあり、女子バレーの元日本代表の大山さんはこのような記事をあげております。

「なぜダメなんだ」ではなく「もっとできる」女子バスケから学びたい“厳しさの質”とスケボー選手の“清々しさ”(大山加奈)
今回新種目として取り入れられたスケートボードやサーフィン、ボルダリングなどを見ていたら、プレッシャーがかかる本番でも「勝ちたい」「勝たなきゃ」というよりもまず、「今まで練習してきたことを発揮したい」という前向きな姿がとても印象的でした。

スポーツメンタルの視点でも、この記事はとても興味深いです。

「勝ちたい」から「勝たなければならない」となってしまうと、結果ばかりに目が行きがちになります。

アスリートは結果がすべて、と考える方も少なくないかもしれません。

だからこそ、それまでのプロセス(過程)をもっと大事にするべきなのです。

そしてこの大山さんの記事の素晴らしいところは、大山さんなりの改善案を提案されていること。

監督・コーチ抜きで試合、というのはとてもおもしろそうです。

選手たちだけで考え、選手たちだけでやり切る。

これは選手たちにとってとても貴重な経験となるはず。

次世代を輝く世代が、チャレンジする機会を常に持てるよう、周りの人たちがサポートしていきたいものです。

スポーツメンタルコーチとして、改めて考えさせてくれる素晴らしい記事でした。

タイトルとURLをコピーしました